日本再興戦略 (NewsPicks Book)

落合 陽一 幻冬舎 2018年1月31日
読書日:2019年5月13日

気鋭の若手研究者の落合陽一が幻冬舎の箕輪厚介と組んで作った日本再興戦略。箕輪厚介なので、いつもどおり話を聞いてまとめただけだろうから深いところを期待してはいけないのかもしれないが、最初はいいが最後の方はかなり雑な作りになっているような気がした。

落合さんの日本という国と日本人に対する直感は鋭いものがあって、人口減少はチャンスだとか、士農工商の世界はインドのカースト制度と相性がいいとか、これからは士農工商のうち農の時代で、つまり専門バカではなく何でもできて臨機応変に対応できる方がいいとか、自由貿易よりも保護貿易だとか、移民に否定的なところとか、男女平等はあり得ないとか、近代的なヨーロッパの思考を超越しろとか、民主主義をアップデートしろとか、なかなかよろしいのである。

落合さんはテクノロジーに絶大な信頼を置いていて、テクノロジーの発展がすべてを解決する、みたいなところがある。わしも、付加価値とは究極的にはテクノロジーしかないと思っているので、この考え方には賛成である。

こういう基本的なものの見方にはなかなかいいところがあるが、それを実行していく具体的な方法というところがかなり弱い。まあ、そこは戦略ではなく戦術論になるから、本書の担当外になるのかもしれない。

たとえば、会社でくすぶっているおじさんをどうするかというと、ベンチャー企業に派遣すればいいという。こういうおじさんがいなくてベンチャー企業は困っているのだそうだ。なので、あちこちに派遣すれば、本人も頼りにされて生き生きと輝くという。一案ではあるかもしれないが、なんとなく、喫茶店でだべって考えたような解決策である。実際、そうなのかもしれないが。

なので、結局、自分がいま一生懸命にやっているプロジェクトみたいなことをやれということのようである。いま、落合さんは、大学をいったん辞め、そして自分で研究所を作って、それを大学の組織にしているんだそうだ。研究費はすべて自分で集めて、100ぐらいのプロジェクトを並行的に進めていているのだそうだ。こうやって何100人のミニ落合を作って日本を変えようというのである。人間への投資がもっとも利益率が高いと信じていて、それを実践しているのである。

この本は出版から1年以上経つのにまだ売れているようだ。大変な人気である。なかなかいいことが書いてあるし、さくっと読んで未来をインスパイアされるには、ちょうどいい本なのかもしれない。

★★★☆☆

 


日本再興戦略 (NewsPicks Book)

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道

ティーブン・レビツキー, ダニエル・ジブラット 新潮社 2018年9月27日
読書日:2019年5月8日

この本が書かれて、日本語訳もされたのは、間違いなくトランプ政権の誕生の衝撃のせいだろう。丸々1章をトランプ政権に割いている。著者らは独裁かどうかの4つの基準を示しているが、トランプはすべてに当てはまるという。

しかも著者らによれば、トランプは結果にすぎず、その芽は90年代の共和党の元下院議長ニュート・ギングリッチまで遡るという。民主党と妥協を一切せず、戦争と称して手段を選ばず徹底的に戦う姿勢がそれだという。民主主義は一度に崩れるのではなく、少しずつ侵食されていくのだ。

この本を読めば、民主主義はとてもか弱く、簡単に独裁に陥ることが分かる。少し考えてみれば、世の中に成熟した民主主義国家は、驚くほど少ないのだ。イギリス、フランス、オランダ、ベルギーなど、たぶん10カ国程度だろう。

ヨーロッパの中にも、とくにEUに加盟しているような国でも、独裁的な国家が存在していることを知って、とても驚いた。わしはハンガリーというのは東ヨーロッパの中でも文化の発達した成熟した国のようなイメージを持っていたが、ヴィクトル・オルバンという男が独裁政治を行っているのだ。彼はEUのユンケル委員長をバカにするような行動をとって、EU議会の会派から資格停止処分を受けている。ユンケルに「もうがまんできん、うんざりだ」と言わせた男なのだ。なにか独裁国家は国家として破綻しているような印象があるが(ベネズエラとか)、ハンガリーはヨーロッパの中でもGDP成長率が高いのだ。

こうなってくると、自分の国のことが心配になってくる。日本は独裁的な国だろうか。野党から見ると安倍政権は間違いなく独裁的だというだろう。確かに長期政権なのだから、独裁的に見えるかもしれないが、わしにはそれほど独裁的とは思えない。どちらかというと、野党の方が、独裁的に見える。相手を犯罪者と決めつけたり、まったく妥協の余地のない闘いかたをしたりと、独裁的な気質を持っているように見えるのだ。

では日本の周りはどうだろうか。中国、北朝鮮とまぎれもない独裁国家が存在する。曲がりなりにも民主主義国家と言えるのは韓国ぐらいだろう。

ところが、ハンガリーの話を読んでいて、おもわず韓国を思い出してしまうのだ。両国は、よく似ている。つまり、現大統領ムン・ジェインは、司法に自分のいうことを聞く人間を次々送り政権に取り込む、マスコミを脅していうことを聞かせる、ライバルを犯罪者扱いにしてつぎつぎと投獄する、周辺の国に「もううんざりだ」と言わせる、などを行っている。経済成長率が2%台と比較的高いこともそっくりだ(国民の暮らしは悪くなっているようだが、とりあえず国としては成長している)。たぶん、本書の4つの独裁の基準はすべて当てはまるだろう。

妥協を許さずに、同じ国民同士で徹底的に戦う気質から見て、韓国に本書に述べる民主主義を根付かせるのは難しいだろうなあ、と思う。民主主義には相手を尊重する態度が求められるからだ。付き合いは最小限にして、あまり関わり合いになりたくない国です。

(なお、本書では、韓国を独裁国家でではなく、民主主義国家と扱っています。この本がか書かれた頃は、ムン・ジェインはまだ目立ってなかったからでしょうなあ)。

★★★★★

 


民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―

街場の平成論 (犀の教室)

内田樹, 小田嶋隆, 釈徹宗, 白井聡, 仲野徹, 平川克美, 平田オリザ, ブレイディみかこ, 鷲田清一 晶文社 2019年3月29日
読書日:2019年5月5日

コラムニスト小田嶋のファンなのでなんとなく読んだ本。

9人がそれぞれの立場から平成を振り返り、今後を展望するという体裁だが、面白かったのは、小田嶋と平田オリザ平川克美中野徹内田樹と5人だったので、なんとなく当たりだったのかもしれない。がっかりしたのは、白井聡、ほか3人はピンと来なかった。

それぞれの論考を批評してもいいのだけど、せっかくだから自分の平成論をここで少しのべるのも一興かと思うので、そうする。

多くの人がいうように、日本は昭和の終わりのバブルが頂点で、その後の平成は日本は落ちるばかり、という印象はあると思いますが、わしは平成という時代を高く評価する。

内田樹がいうように、昭和は最初はガチに戦争を行って負け、戦後は経済戦争という2度目の戦争を行い、また負けて、両方で負けてしまった(2度目もアメリカに潰された)ということになりました。それで平成は何をしていいのか分からなくなった、漂流した時代と言えるでしょう。国家全体が低迷したのも当然でしょう。

しかし、国ではなく個人という目で見ると、その解放度というか自由度は飛躍的に高まり、強くなったと思うしかありません。わしがどこにそれを見るかというと、特にスポーツの世界です。

スポーツはもちろん、競技している個人の闘いですが、かつてはそれは国家の威信を賭けた戦争でもありました。選手の皆さんには国を背負っているかのような、悲壮感も感じられました。

しかしながら、いま、いろんなスポーツに日本人の皆さんが挑戦し、そして大きな実績をあげているのを見ると、昭和の時代よりもはるかに軽やかさが感じられるのです。もちろん、誰もが応援してくれた人たちに感謝の念を伝え、周りの期待に応えようとしているのは分かりますが、一方、彼らは個人としてそれらをしっかり受け止めて、自分の考えを自分の言葉として表現できていると感じるのはわしだけでしょうか。

こう考えると、日本人は個人として強くなった、と思うのです。

日本という国は、方向性を失い、迷走して、いったん落ちるところまで落ちたのです。国全体として、これはまずい、というところまで来てしまいました。何をやたらいいか分からないけど、ともかく何かしなくちゃ、ともがいているうちに、なんとなく次の時代が見えてきたような、そんな薄明かりの中にいるような気がします。そして、きっと世界との繋がりの中に日本は次の立ち位置を見つけられることでしょう。

それがなにかははっきりとは言えませんが、あちこちで立ち上がっている、強くなった個人としての日本人の皆さんがそれぞれの所でブレークスルーを果たすと信じています。

そしてわしはそういうところに投資したいと思いますので、どうかわしも連れていってください(笑)。

★★★☆☆

 


街場の平成論 (犀の教室)

富国と強兵ー地政経済学序説

中野剛志 東洋経済新報社 2016年12月9日
読書日:2019年5月2日

もしかしたらここ数年でもっともインパクトがあったと言えるかもしれない本。こんな本が2016年に出版されていたとは。ちっとも知りませんでした。

もともとは、いま流行っているMMT(Modern Monetary Theory、現代貨幣理論) の参考になるかと思って読もうと思いました。MMTに関しては、まだ日本語で専門の解説する本がなく、この本の説明がよいと、どこかで読んだからです。MMTについては実際3章に書かれてあって、内容はよく分かったのですが、この本についていうと、それは出発点に過ぎませんでした。なにしろ地政学と経済学を融合させるという目的の本なので、経済学として信用貨幣説とそれを用いた現代貨幣理論を採用している、というのにすぎないのでした。

したがって、本の内容は、領土、通貨、資本主義、帝国主義、民主主義、国民国家などといった国家にまつわるそれぞれにについて、詳細に語っており、下あごをつかまれてぐらぐら揺すられるようなショックを受けました。はっきり言って、世界を見る目がまったく変わってしまったという気がします。そのくらいのインパクトがありました。おそらく、この本は、何かある度に、折に触れて読み返すような気がします。

とくに、グローバリゼーションはデフレを起こす結論にしかならないこと、保護貿易は悪ではないことについては、考え方が100%変わってしまいました。

この本の通りだとすると、いまトランプのやっている保護主義的な政策は正しいし、中国のやっている外国の影響をシャットアウトする政策はさらに正しいということになります。たぶん日本のやっているTTPだけが間違っていることになるでしょう。MMT的には、今の日銀のやっているリフレ政策は間違っていることになるし、面白いことにリフレ政策を批判している側も間違っていることになるでしょう。

とりあえず、私が知りたかったMMTについてだけ、ここでは述べたいと思います。

わしが知りたかったことは、経済について次の2つのようなことが言われていますが、本当でしょうか、ということです。

1)現在の日本は借金がGDPの200%を越えているが、これを解決しないと、借金が累積的に増えて財政が破綻し、その結果ハイパーインフレが発生し、経済が崩壊する。
2)いまに日銀は再現なく通貨を供給しているが、このようなことを行うと、ハイパーインフレが発生し、経済が崩壊する。

この2つはちょっと経路が異なっていますが、結局世の中にお金があふれると、ハイパーインフレが起こり、経済が破綻するという結論に至るということを言っている点では同じです。

MMTのもっともエキサイティングな結論は、国家が自分の通貨を発行していて、その通貨建てで国債を発行している限りは、その国債がデフォルトすることはないというものです。国債を自分の通貨建てで発行している限りは、お金を刷りさえすれば、返済はできるからです。(実際には刷る必要さえないのですが。さらにいうと、政府はお金を発行するのではなく国債を発行し、日銀がそれを引き受けるというかたちになるのですが、まあ同じことです)。

ここまでは、誰もが認めると思いますが、確実に正しいです。ここから見解が分かれるところなのですが、普通は、そんなことはできないという結論を出す人が多いのです。そんなことをすれば、ハイパーインフレが発生し、国家財政も日本経済も破綻するというのです。

しかし、インフレと国債の発行量には何の関係もないとMMTは考えるのです。そもそもインフレが起こる場合はどういう場合でしょうか。

インフレは単純に物の値段が上がることです。どのような場合にそれが起きるかというと、需要が供給を上回ったとき、つまり需要にたいして物が不足したときに値段が上がります。

紛らわしいのですが、インフレとは貨幣的な現象、つまりお金の価値が下がることであるという表現もされます。この表現では、お金が物に対してたくさんありすぎると、インフレが発生することになります。しかし、これはやはりおかしいです。いくらお金があっても、誰も物を買おうとしなければ、インフレになりようがないからです。お金が需要を引き起こす限りにおいて、インフレは起きるのです。

こう考えると、いまの日銀のリフレ政策は間違っていることが分かります。いま日銀は銀行から国債を買って、日銀の当座預金の残高をひたすら増やしていますが、このお金は銀行が貸し出さない限り国民にお金がいかず、そもそもインフレになりようがありません。ご存知のように、貸し出しは増えず、お金は日銀の当座預金口座に滞留したままです。

なので、インフレを起こすためには、お金を国民に直接配るか、あるいは政府が使って需要を増やす以外にあり得ません。そして、政府が使うためには、国債を発行するしかないのですから、借金を気にせずに、国債を発行すべきなのです。

この先は、微妙な議論になります。(微妙というか、人の感覚的には受け入れるのが難しいというべきか)

普通、借金をすると返済のためにさらに借金を行う、ということになり、歯止めが利かなくなるのではないか、という不安があるとは思います。サラ金地獄という言葉があるくらいです。返せなければ個人破産するしかありません。が、国の財政の場合はそんなことは起こりません。なぜなら、仮にインフレになるとしたらそれは好景気ということであり、税収が増えますし、かつて借りた国債の利率よりもインフレが増えるとすれば、それは借金がチャラになることを意味しているからです。そして、国債のデフォルトは起きようがありません。

もしも問題が起きるとすれば、需要が供給を上回ってインフレが実現したときに、そこで需要を膨らませることを止められるかどうか、でしょう。際限なく需要を膨らませたら、それはハイパーインフレになるかもしれません。しかし、好景気になり、税収が増えれば、国債の発行も減ると考えるのが自然でしょう。国内の供給力は非常に大きいので、この供給力を大幅に上回る需要を引き起こせるのかどうか疑問。戦争直後の供給力のない時代なら別ですが、デフレを引き起こしている過剰な供給力がある状況で、そんなことができるんでしょうか。

ともかく、GDPの何100%になったかなどという話は忘れることでです。かつてイギリスはGDPの300%まで借金が増えましたが、国家は破産しませんでしたし、国は繁栄しました。国債の発行量と経済の破綻には何の関係もないのです。

冒険投資家として知られる某氏も、国債が発行され過ぎている日本の将来はないと踏んでいるようですが、MMTでは、それはあり得ない、ということになります。

いまのところMMTはゲテモノ扱いされていますが、議論は間違っていないので、世間が慣れるだけの問題なのではないかなという気がします。

 ★★★★★

 


富国と強兵―地政経済学序説

本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて

フェリックス デニス 文響社 2017年5月31日
読書日:2017年09月25日

著者のデニスさんのいう本物の大富豪のいうレベルは、資産は少なくとも数百億円であり、たぶん標準的には数千億円をさしているものと思われる。

このレベルの金持ちということになると、もう起業しかないわけで、もちろんデニスさんも起業を勧めているわけです。起業しても成功するとは限らないけど、失敗しても失うものが何もない状況なら、断然おすすめの方法ということになります。

で、起業したら所有することにこだわり、絶対に会社を売り払ってはいけないというのです。世の中には、頭が良くて仕事ができる人がたくさんいるというのです。しかしなぜかそういう人は人のために働くばかりで、自分のために働かない人がほとんどだというのです。もちろん優秀ですから高給をもらっていますが、彼らがどんなに稼いでも、せいぜい資産は10億円程度であり、会社を所有している自分には到底かなわないわけです。

デニスさんの不思議は、世の中にはお金はそんなにいらない、食べていける程度の収入があればそれでいいという人が世の中にたくさんいることで、というかほとんどがそういう人ばかりで、これが実に不思議なようです。とはいうものの、デニスさんはお金持ちになったら困ることもいろいろ書いているわけで、お金持ちになることへの覚悟も読者に説いています。

しかし普通の人にとっては、別に不思議でもなんでもないわけでして、普通の人は経営にまつわる面倒くさいことは背負いたくないわけです。デニスさんのお友達にうまくやっている夫婦がいるそうで、200万ポンドくらいの資産を築いてさっさと引退し、その利子だけで”つつましい”生活をして、世界中を旅して暮らしているそうです。

でも誰でもそうではないでしょうか。誰だって大富豪になりたいわけではなく、小金持ちになって、ちょっとだけ豊かな生活を一生遅れればそれで満足ではないでしょうか。でも、たぶんそのためにはやっぱり200万ポンド(数億円)が必要だと思いますよ。みんな憧れているのはその程度の小金持ちであって、デニスさんのいう大富豪ではないでしょうね。だって、そういうのって、どう考えても面倒くさいですよね。

起業したらどんな面倒くさいことに襲われるのか、私はそういう本を読むのが大好きなので、この本も楽しめました。でも大体、たどる経過はそんなに変わらない気がしますね。

「会社を興すだけならぜんぜん簡単だよ。わしも会社作ろうかな」とわしが言ったら、中学生の息子は、「いいね、ぼくを部長にしてよ」だって。部長でいいんだ(笑)。大富豪向きじゃないですね。

★★★★☆


本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて

99歳ユダヤのスーパー実業家が孫に伝えた 無一文から大きなお金と成功を手に入れる習慣

矢吹 紘子 マガジンハウス 2014年8月7日
読書日:2019年4月15日

トルコで製造業の会社の創業者として成功した99歳のババ(祖父)が、ロンドンで映画配給会社を経営している孫に、事業を行うことの極意というか、心得を伝えるという話。何となくアメリカ人が書きそうな本だけど、日本人の矢吹さんが友達のアダムの体験を本意まとめたというところが変わってる。

で、お金の話を恥ずかしいことじゃない、どんどん話せ、お金は最大の保険なんだ、といったお金に関する罪悪感を払拭する話とか、成功するには常識は捨てて非常識にならなくてはいけないとか、何でもルーティン化してずっと続けろとか、約束の30分前にいくことを心がけろとか、まあ、普通の創業者が言いそうなことが書いてあります。

書いてあること自体はそれを素直に受け止めればいいんだけど、そんなことよりも、このユダヤ人一族は、成功の度合いは別にして、祖父も父も孫も、それからおじさんとかの親戚も、ほとんど実業家で自分で事業を起こしているんだね。デフォルトが起業なの。

わしは実業なんて面倒くさいからしたいと思わないけど、その割りに、なんとか老後を安楽に暮らせるお金を貯めようとあくせくしてるわけだけど、デフォルトが起業の一族に生まれたら、そりゃ会社を起こすんでしょうねえ。

やっぱり雇われて金持ちになる人はいないってことですね。

それで、祖父はトルコにずっといるんだけど、父はシンガポールで、孫はイギリスと日本という世界中でばらばらに住んでるの。で、何かあると、気軽に飛行機に乗って集まるんだよね。ユダヤ人には国境はないというか、こういう国にとらわれいない感覚はさすが。

★★★☆☆


99歳ユダヤのスーパー実業家が孫に伝えた 無一文から大きなお金と成功を手に入れる習慣

「発想」の極意 :人生80年の総括

日下公人 徳間書店 2018年10月20日
読書日:2019年4月12日

日下公人の本はほとんど読んだことがない。でも、ちょっと気になっていた。それで、人生80年の総括、という副題がついているくらいだから、これを読めばいいのかと思って、読んでみた。そうしたら、これまで自分がやって来たことがだらだら書いてあるだけの本だった。とほほ。

で、結局、題名の発想の極意はなにかというと、「直感」ということになりそうです。えー? これを聞かせて、わしにいったいどうしろというのか。

それでもまあ、まったく役に立たなかったわけではなくて、たとえば、日本の未来にとても楽観的なところは、参考になったかも。

もしかしたら日本への遺言は読んだ方がいいのかもしれない。まあ、その程度の本でした。

★★☆☆☆


「発想」の極意 :人生80年の総括

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ