ヘタレ投資家ヘタレイヤンの読書録

個人投資家目線の読書録

新実存主義

マルクス・ガブリエル 廣瀬覚・訳 岩波新書 2020.1.21
読書日:2020.3.21

マルクス・ガブリエルにはまってるの。というわけで、2冊目は岩波新書

さて、この本で問題になっているのは「心」だ。人間は心を持っているが、心に思い浮かんだことは物質ではない。何かの意味とか精神とか情動とかそういうたぐいのものだ。そうすると、自分たちの肉体とこうした心とはどういう関係にあるのだろうか。肉体がなければ考えることができないから、肉体、特に脳は必要ということになるだろう。しかしながら、脳をいくら物質的に調べても、心の中身を解明できない。

この関係をマルクス・ガブリエルはサイクリングに例える。サイクリングをするという行為は確かに存在しており、それは例えばスピードや身体に当たる風や爽快感といった感情だったりする。サイクリングには自転車が必須だが、だが物質の自転車をいくら調べても、サイクリングという行為自体を解明することはできない。そうなると、サイクリングという行為に自転車は含まれるが、その逆ではないということだ。(サイクリングに自転車は必要条件だが、十分条件ではない)。

同じように、心は肉体を使って思考したり感情を持ったりするが、それは脳を使って何か行為を行なっているということであって、脳という自然の物質とはまったく別のものなのである。サイクリングと同じように、心の行為には人間の肉体は含まれるがその逆ではない。(心の思考に脳は必要条件だが、十分条件ではない)。

マルクス・ガブリエルの新実存主義は、自然主義的な存在も意味的な存在も等しく存在すると認める立場である。このように心の行為を見てみると、自然主義的な存在(物質とエネルギーの存在、もしくは科学的研究対象の存在)は、心の行為での存在(=意味的な存在)に含まれるように存在している、ということである。

こんなことが問題になるのも、心身二元論が歴史的にあるからだろう。つまり、身体と精神は独立に存在しているというデカルト以来の考え方の問題である。ここでマルクス・ガブリエルは意味の世界が肉体の世界を含んでいると言ってるようだ。(間違ってるかもしれん、ごめんね)。

さて、この本はマルクス・ガブリエルの主張にほかの哲学者が反論し、さらにマルクス・ガブリエルが答えるという形式をとっている。

ところが、マルクス・ガブリエルの言葉はそれなりにわかりやすくなんとか読めるものの、他の哲学者が何を言ってるのかさっぱり理解できない。非常に困った状態なのである。そもそもなんでそこが問題点になるのかも理解できない。

いつも思うのだが、西洋の哲学の考えにどうも馴染むことができない。大きな違いは、たぶん、人間をほかの動物と違った存在と考えているその思考法にあるのだと思う。わしは、人間とほかの動物、あるいは植物とさえもそんなに大きく違うとは思えないのだ。つまり、すべての生物に心があると信じているのである。この点において、わしはまったく日本人的なのかもしれない。(そのせいで、たとえ害虫でも殺すに忍びないのである)。

そうなると、この本の後半で議論されているような、人間という自然種を動物種のなかにどのように位置づけるのか、などという議論が長々とされているということが、そもそもなぜそんなことを議論しなくてはいけないのか、まったく理解できないのである。

なにか違う発想が必要だ。アニミズムと揶揄されようが、もっと日本人にも頑張ってもらいたいのである。西洋哲学の伝統を踏まえつつ、新しい息吹を持ち込むことを望む。

★★★☆☆

 


新実存主義 (岩波新書)

ディープテック 世界の未来を切り開く「眠れる技術」

丸幸弘+尾原和啓 日経BP 2019.9.24
読書日:2020.3.16

東南アジアが発展する中で新しい問題が起こり、それを解決するためにはハイテクだけではなく、すでにある枯れた技術を組み合わせて新しい結合(ディープテック)を生み出す必要がある。日本には眠れる技術がたくさんあり、これに貢献できる、と主張する本。

例えば、空気を特殊な水溶液にバブリングさせ清浄化する方法があったが、ポンプに問題を抱えていた。しかし、日本の企業のポンプの技術でそれを解決できたという。あるいはインドネシアで開発した水を通す舗装材料があるが強度に問題があった。しかし、日本の化学企業がもっていた技術でその問題を解決できたという。

ハイテクはアメリカ西海岸にあり、大きな根本的な問題(ディープイシュー)は東南アジアにある。日本にはハイテクはすくないが、バラエティに富んだ多くの普通の技術がある。両者を結びつけるには、日本は最適なポジションにあるという。

さて、こういう話を読む限りは、なにかいいことがたくさん起きそうな気がするが、出てくる話がどれも小さいので、投資家目線としては、これが大きなビジネスになる気がしない。日本のそれぞれのテック企業にとっては、ディープテックは生き残りのキーワードになるのかもしれないが、大きく発展するという気がしないなあ。和菓子の老舗が地元の産品を使って新しいお菓子を作ってみましたみたいな、そんな話に近い気がする。

そして著者らの問題意識が、地球環境の持続性の問題にフォーカスされていることも気になる。サスティナビリティ優先なのはいいが、いかにも偏った意識のようにも見える。

日本の企業でいえば、彼らが有望と考えている企業はユーグレナのような企業のようだ。ユーグレナは確かに大きく成長し、今後も成長するかもしれない。

この本を読んでわかったのは、日本が生き延びていく道はあるだろうということ。大きく成長するとは思えないが。しかし、日本は、伝統的な老舗企業のように、とりあえず生き延びることが今は大切なのかもしれない。そうやって次のチャンスを狙うような、そんなモードなのかもしれない。

しかし日経BPはこういう話が好きだなあ。

★★★☆☆

 


ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

山口周 KADOKAWA 2018.5.18
読書日:2020.3.15

山口さんの本はこれで3冊目。これでほぼ、山口さんの主要な本は網羅したかな?

わしはこういう読まなくてはいけない本のリストというものには弱くて(苦笑)、しかもこうもあつく勧められると、全部読みたくなってくるね。

最後にブックガイドで39冊の本のリストが載っているんだけど、ここで紹介されているのはたしかに哲学が多い。だが、50個のキーコンセプトの内訳をみると、意外に哲学が少ない。だいたい哲学は半分ぐらいなんじゃないの? だから哲学というよりはリベラルアーツ全般から選ばれている。

第1部の人に関するキーコンセプトでは、人間の科学に関しては心理学や脳科学あるいは生物学がほとんどで、哲学はほぼない。これらの学問が大きく発達して、哲学の出番がなくなったという感じだ。そして第2部の組織に関するキーコンセプトでも、社会科学や経済学による貢献が大きくなり、哲学が出てくる割合が激減しているのだろう。

で、第3部の社会に関するキーコンセプト、第4部の思考に関するキーコンセプトでは、哲学が非常に多くなっているが、たぶん第3部の社会に関しては今後減っていくんじゃないかという気がしてくる。哲学が貢献していく領域はますます減っていきそうだ。

哲学はすべての学問を包含する、ということを山口さんは言ってるけど、まあ、たぶんそれは間違っていない。だから他の学問が発展するとしても、きっと哲学自体は残っていくんだろうな。最近では、マルクス・ガブリエルが人気のように。

ブックガイドに紹介されている本のうち、読んでいたのは3冊しかなかった。あれま。とりあえず真っ先に読みたいのは、タレブの「反脆弱性」かな。前から知ってたけどずっと見逃してたからね。しかも投資活動にふかく関係してるし。

★★★★☆ 


武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

 

AI以後 変貌するテクノロジーの危機と希望

丸山俊一+NHK取材班 NHK出版新書603 2019.10.10
読書日:2020.3.12

NHK教育で放送された「人間ってナンだ? 超AI入門」で、4人の世界的知識人からAIについてコメントをもらう特別編を放送したが、それを書籍化したもの。「欲望の資本主義」の丸山俊一がプロデューサーをしている。実は放送も見たが、何しろ丸山俊一だから、放送以上の内容になっているに違いないと思い、読むことにした。

実際にはほぼ放送と同じ内容であったが、本で読んでみると、4人のうち3人目のデネットと4人目のケリーの存在感が際立っているように思えた。

ひとり目のテグマークは楽観的で、AIを積極的に開発したいという思いがある。またAIの開発により、意識の研究が進むことを期待しているのだ。二人目のウォラックはAIを使う上の倫理の問題を検討している。この2人はかなり具体的にAIをとらえている。

三人目のデネットは進化論的に発想していて、AIが漸進的に進化していくという。なにか理解するにしても漸進性、つまり途中段階があり得て、少しだけずつ理解し、そのうち全体を理解できるということがあり得る。AIにも0,1のデジタルではなく、そういう途中段階の知性もあるという。また人間の脳は進化しようと思ってここまで賢くなったわけではなく、環境への適応の結果として進化した。同じように、一般的なAGIは可能だが、漸進的進化の結果、人間が思っているのとは全く異なるものになるという。

四人目のケリーは多様性に注目している。AIが人間のようなものになるというわけではなく、いろんなタイプのAIが存在する用になるという。そういうAIと付き合ううちに人間自体も影響を受けて、多様な考え方に変化していくという。そして、AIがあふれることで、人間とは何かという問題が突きつけらるという。

ケリーのように、いつの間にかいろんなタイプのAIが周りにあふれて、自然に溶け込むようになり、お互いに影響を及ぼしあうという考え方は、わしのAI感と一番近いと思う。

わしはシンギュラリティ(技術的特異点、AIの知性が人間を越えること)は起きるかもしれないが、きっとそのことに誰も気が付かないのではないかと思っている。あまりに自然に、それぞれの役割の異なったAIが周りにあふれて、それぞれの活動をしているだろうから、誰もいまがシンギュラリティは起きたとは教えてくれないだろう。

ケリーがXAIというAIの話をしている。AIは正解と思われるものを教えてくれるが、その過程はブラックボックスである。そこでXAIが必要になる。XAIは、AIがどうやってその判断をしたのかを考え(推測し)、教えてくれるAIだ。これはまさしく人間の意識のやっていることそのものだ。人間も自分がなぜそのような判断をしたのか、自分で理解する必要が生じ、誕生したものだろう。そしてその推測の結果は物語という形式で表現される。

丸山俊一はまとめの中で、人間は経験を物語化することで未来を予測するという。

その通りだ。だが、なぜ物語という方式だったのか、他に方法はなかったのだろうか。物語という思考方法は、実に不思議だ。そして物語は、他人と物語を共有することで、社会的な進化をうながす(サピエンス全史)。

たぶんAIが物語を作るのは簡単だろう。そして人間はだまされるのかもしれない。過剰な感情移入は危険である。

★★★☆☆

 


AI以後 変貌するテクノロジーの危機と希望 (NHK出版新書)

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

山口周 光文社新書 2017.7.20
読書日:2020.3.5

山口氏の本、「ニュータイプの時代」に続いて2冊目。順番としては、こちらのほうが先に出版された。そしてたぶんこの本で山口さんはメジャーになった。

基本的な前提は、前回読んだ「ニュータイプの時代」と同じで、いまの時代はMBA仕込みの正解(サイエンス)があふれているが、すでにそれでは差別化にならず、差別化のためにはアートが必要なので、美意識を鍛えなければいけないという話。

経営にサイエンスを持ち込んだのは、氏によるとマッキンゼーらしい。それ以前は、その業界の経験者がコンサルタントをしていた。マッキンゼーはそのような人たちに対抗するために数値(サイエンス)を持ち込むという戦略を考えた。この手法は覚えさせれば誰にでもできるので、人を大量に雇えば簡単に業容を拡大できることが利点だった。また、数字を使うからアカウンタビリティが高く、経営者への経営戦略採用の説得が容易だったことだ。

だが、この方法は真似が容易なので、いまではすっかりコモディティ化してしまったという。最近では、マッキンゼーさえもデザイン会社を買収して、アートの部分を強化しているのだそうだ。

もうひとつ、美意識を鍛える理由としては、社会の変化が急激すぎるので、社会的にルール化される前に判断を迫られる事態になることが多いからだ。何か自分なりの基準を持ち合わせていないと、あとあと非難を浴びるような判断をしてしまうことにある、という。この良い例としてはグーグルの「Don’t be evil」があり、悪い例としてはDeNAコンプガチャの例が紹介されている。美意識とモラルは大局的に非常に効率がいい、という大西輝政のことばを紹介している。

また、心理学の知見として、ソマティック・マーカー仮説が紹介されている。知性(サイエンス)だけでは意思決定ができず、情動を持っていないと決断ができないという仮説だ。いわゆる分析はできるが決断ができないという状況にあたる。つまり最後に決断を下すのはやはり人間の情動なのだ。ならば、良い情動を持たなくてはいけない。

さて、この本の主張をどうとらえるべきだろうか。山口さんの言っていることは分かるし、自分の美意識を磨くことも可能だろう。だが、それを経営に活かすとなると、大変困難という感じがした。結局、経営者のリーダーシップという問題に帰結してしまう。しかしリーダーシップはそれ自体めったに見られない貴重品だ。このままではリーダーになった人が偶然にも美意識を兼ね備えた人である幸運を祈ることしかできないような気がする。

★★★★☆

 


世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ (光文社新書)

 

ビッグミステイク レジェンド投資家の大失敗に学ぶ

マイケル・バトニック 訳・鈴木立哉 2019.9.24
読書日:2020.3.3

投資家というのは気の小さな存在で、さらに残念なことに投資に失敗は避けられない。なので、失敗をしては、あの時買っておけばよかった、売っておけばよかった、と悩むことになる。

そんな時に、本書のような本が慰めになるのは本当のことだ。しかも投資をやったことがある人なら、実に楽しく読めるのではないだろうか。(逆に投資をしたことがない人には、全く面白くないと思う。)

マイケル・バトニックはたぶん30代の若者で、この世界に入って10年もキャリアを積んでいないようだ。しかし、たくさん投資家の勉強をしてきて、こんな本まで書くんだから、大したものだと思う。ここに出てきた失敗はほとんどすべて経験したそうだ。なるほど。

この本のいいところは、昔の人から、最近のベンチャーキャピタルの人まで網羅されていることで、とくに最近の人の話はあまりなじみがないので、大変楽しめた。昔の話でも知らないことも多かった。

例えば、作家のマーク・トウェインが小説で稼いだ金をほとんど投資に費やして、破産してしまい、講演旅行をして負債を返したというのは知らなかった。マーク・トウェインの小説を読む限りは、そして彼が発したさまざまな機知にあふれる警句を読む限りは、実に聡明な人のように思えるのに、なんとも不思議なことである。だまされた投資のほとんどは、夢のようなことが実現できるとのたまうベンチャーへの投資だったようだ。

--それが事前に予測できれば良かったのだろうが、わたしが得意なのは後になってから結果を振り返ることだ。(マーク・トウェイン

なるほど。でも振り返るならまだましかも(笑)。

最近の話ではリーマンショックでの空売り(正確にはCDS)で大儲けしたジョン・ポールソンの話が面白かった。誰が何と言おうとCDSに投資し続け、ついには大儲けをしたんだが、そうなるともっと大きなもうけを出さないといけなくなる。それで彼は金を買うことにして、誰が何と言おうと金への投資をやめないという。本の中では、金は下がっているけど、CDSでこれだけ儲ければもう十分、みたいなしめくくりだった。彼はまだ金を持っているのだろうか? もしまだ持っているのなら、いまは金はずいぶん上がっているから、大儲けをしているはずなんだが。そうすれば、彼は2度勝ったのかもしれない。

後悔先に立たず、とベンチャー・キャピタリストのクリス・サッカの話が出ている。ゴープロやドロップボックスへの投資をしなかったことを悔やんでいるが、しかしツイッターやインスタグラムやウーバーに投資してるんだから、そんなのぜんぜん問題ないじゃない。

通明な経済学者ケインズの投資についても書いてるけど、ケインズって投機に成功して、大学の資産を増やしたんじゃなかったっけ? と思ったら、最初はマクロ分析の投資をして失敗ばかりして、結局個々の企業のミクロ分析をして成功したらしい。へー。

最後に自分のことを書いているのは、大変公平でいい。いろんな失敗の末に、今の彼は、1%以上資金を減らすことがないことを誇りにしてるそうだ。

たまにはこういう話題もいいね。みんな同じだと思うと安心する。でも、学びはあんまりないかな。

★★★★☆

 


ビッグミステイク

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

山口周 ダイヤモンド社 2019.7.3
読書日:2020.2.28

20世紀の価値観をいまだに引きずっているひとに、その発想では今後やっていけないと、24章に分けて説く本。今話題の山口周の、わしにとって1冊目の本となりました。

1つ1つの具体的な内容的はこれまでいろんなところで言われていることと大きく変わりはない。

例えば、どうやるかを考えるhowの時代から何をするかwhatの時代に変わった、とか、未来がどうなるかを予測するのではなく新しいフレームを構想しろ、とか、製品の意味を売れ(物語を売れ)、とか、まずギブから始めろ、とか、そういうことはこれまでにも90~00年代から散々言われてきたことだ。

しかし、わかっているのに日本ではちっともそれが進んでいない。山口さんはこの日本の現状を次のようにすごく簡単に説明する。

大きなトレンドとして、価値創出の源泉が「問題を解決し、モノを作り出す能力」から「問題を発見し、意味を創造する能力」へシフトしているという。しかし日本では、このシフトがうまくいっていないので、いま日本にはやらなくてもいいクソ仕事があふれかえっていて、意味のない仕事に日本人のほとんどが従事している、というのです。

この指摘は、とても説得力がある。わしの実感として、自分の1日の仕事のうち意味のある時間はせいぜい2時間ぐらい、という気がする。これはわしの感覚だが、みなさんの職場ではどうだろうか。

わしの実感が日本全国一律でそうだとは思えないけれど、なんだか当てはまっているような気がする。

ということであれば、日本人の生産性が非常に低いのも、一人当たりGDPが伸びていないのも当然なのである。

しかし例えば、就業時間を1日3時間に減らして給料はそのままだったとしても、ほとんどの日本人は困惑するだけだろう。空いた時間がたくさんできても、何をしていいかわからないはずである。

さらに言うと、日本人の多くはかなりいまの生活に満足していて、リスクをとってより多くの収入を求めるよりも、この生活がずっと続くほうが喜ぶのではないだろうか。なので、会社の利益を増やして大きくするように働くよりも、つぶれずになるべく長く持つような方向で働いているのではないだろうか。

この状況を考えるに、これはすでに日本ではベーシックインカム制度が実現されているということではないだろうか、という気がするのである。

何しろ、適度に働いて、生活費が出て、それなりに忙しく時間をつぶして生活できるのだから。もう全部そろっているではないか。あとは氷河期時時代の恵まれなかった人、不幸にして貧困に落ちてしまった人への配分を増やすだけである。

もしそうなら、山口さんが口を酸っぱくしてこのような提言の本を出版しても、今後も日本は改善しないのかもしれない。いまのままで、それなりに生活できるのなら、満足だからだ。

いまちょうど新型コロナウイルスの影響で、学校の2週間の休校が政府から要請されていて、会社も在宅勤務などの会社へ行かない勤務が推奨されている。この結果、会社へ行かなくても、さらにはあんまり仕事をしなくても、業務が回ってしまうことが全国的に発覚するのではないか、という気がする。もしそうなったら、この新型コロナウイルスの騒動がおさまったときに、日本人の働き方に変化が出るのだろうか。そのあたりに少し注目してみたいと思う。

★★★★☆

 


ニュータイプの時代

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ