ヘタレ投資家ヘタレイヤンの読書録

個人投資家目線の読書録

マネーの進化史

ニーアル・ファーガソン 訳・仙名紀 早川書房 2015.10.25
読書日:2020.5.24

歴史家のニーアル・ファーガソンが、マネーがどのように進化してきたのかを人類の大きなスパンで振り返るという本。

最近、歴史家が重要になってきたようだ。例えば、サピエンス全史のハラリなどが世界に衝撃を与えたことが思い浮かぶ。ニーアル・ファーガソンが重要なのは、この本にある通り、金融史に詳しく、資本主義を論じるという立場にあるからだ。本書ももともとは2009年の出版なのに、6年たってようやく翻訳されているのは、やはりファーガソンの存在を無視できなくなったからだろう。

というわけで、ファーガソンはマネーに重要な進化が起きたタイミングをとらえて解説している。

そもそもマネーがない世界から始まって(インカにはマネーがなくて、スペイン人が金や銀を欲しがるのを不思議がったそうだ)、メソポタミアで生まれた初めてのマネー(借金をしたことを書いたレンガのトークン)、信用や債権、株式が生まれて進化していった様子を描いている。

残念なことに、わしはこの本に書かれたほとんどのことを知っていたので、あまり面白く読めなかった。書かれた時期が時期だけに、リーマンショックについてかなりページを割いている。一方、MMTのような最新の経済学については全く言及はない。

参考になったのは、19世紀終盤の第1次グローバリゼーションの話かな。この時、世界はあまりに経済的に緊密に結びついていたので、もう戦争は起きないと考えられていたという。とくにイギリスとドイツは緊密だった。だから、サラエボオーストリア皇太子が殺害されたときも、市場がその意味を理解するのに2か月もかかったのだという。そして、イギリスとドイツの結びつきはあっさりと消えてなくなった。

いま、中国と米国が緊密に結びつく第2次グローバリゼーションが起きている。しかし、グローバリゼーションの結びつきは簡単に切れてしまうことは、第1次世界大戦で見たとおりである。いまコロナショックのあとで、米中の激突が激しくなっている。この2大国の展開がどうなるのだろうか。

しかし、ジョン・ローのミシシッピ株式会社の話は、いろんな本にたびたび紹介される話ではあるが、何回聞いても面白い。結局、失敗してしまったが、別の着地点もあったのではないか、という気になる。

★★★☆☆

 


マネーの進化史 (ハヤカワ文庫NF)

なんでお店が儲からないかを僕が解決する

堀江貴文 ぴあ株式会社 2016.10.5
読書日:2020.5.16

1年365日外食するというホリエモンが、儲からないレストランの問題をズバリ解決するという本。

お金持ちのホリエモンがレストランに期待するのは値段ではなく、驚きなんだそうだ。いい店は何度行っても驚きがあるという。つまりはアイディアである。なので、独立するまで何年もかかるという職人の常識は何の価値もないと切り捨てている。学びはそれこそユーチューブで十分で、アイディアもユーチューブからパクればいいという。

ホリエモンの新しい経験に対する貪欲さがうかがわれる。なにしろひとつひとつの食事にこれだけ熱心に取り組んでるんだから、軽い驚きを覚える。さらに食に対する有益な情報を集めたいという自らの欲望のために、有料のTERIYAKIというキュレーションサイトを運営し、TEAM WAGYU MAFIAにも参加している。TERIYAKIが有料なのは、食べログみたいな無用なノイズが入るのを防ぐためらしい。信頼できる人たちだけで情報を共有したいのだ。

振り返って、投資家の食事ってどうなんだろう。だいたい貧相な気がする。バフェットはいつも同じ店でハンバーグステーキを食べているみたいだし、そもそも個人投資家でそんなにおいしいものをばくばく食べているような人を想像するのが難しい。なんか、優待かなんかで無料の食事でいかに安くあげるかということを競争している気すらする。

わしも食事は、同じもののローテーションで、驚きのある食事なんて縁がない。だいたい同じもので満足してしまう。しかも、あんまりお金をかけない。今日、何を食ったか思い返してみたが、朝は菓子パン1個(87円)で、昼はカップラーメン(西友で58円)だった。ひどすぎる食事状況である。(苦笑)

そもそも外食すら徒歩圏を出ない。しかも優待券を使い切るのに苦労している状況なのだから、おのずと優待券を使うために同じ店ばかりになってしまうのである(苦笑)。家族は飽きて同じ店に行くのを嫌がるので、自分一人でせっせと消費しなくてはいけない。

自分だってそんな感じだから、個人投資家は概ね食事に興味がないと思う。そもそも投資依存症で市場が開いて値動きが見れれば満足なのだから、まあ、食事なんてどうでもいいとはいわないが、優先順位はかなり低いです。

本の内容に戻ると、ほかには、初期費用をかけすぎてはいけないとか、ITに疎すぎる、SNSを活用しろとか、ごく当たり前とも言えるようなことが書いてあって、そりゃそうだろうなと思います。

ノーショー問題(予約した客が来ないこと)に関しては、カードで前金を取るしかないでしょうから、やっぱりそうしたITに疎くてはダメでしょう。

個人のレストランではクレジットカードが使えないことが多い点が問題なのもホリエモンが言う通りで、使えないなんてありえません。現金を持ち歩くひとって今時いませんからね。わしはよく財布に千円ぐらいしか入っていない状態で何日も暮らしています。

昔よく行っていた個人商店のカフェがあるんですけど、そこもクレジットが使えないので、自然と足が遠ざかっていました。が、何と、久し振りに行ったら、ペイペイが使えるようになっていました。しかもツイッターを始めて、新しい試みとして、おいしそうなパンを焼くようになったと発信してるではないですか。

なので最近は、週いちぐらいで家族でランチを食べに行き、パンを買って、ペイペイで支払うようになりました。SNSとスマホ決済、とてもとても大切ですね。ホリエモンの言う通りです。

★★★☆☆

 


なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

イスラームから見た「世界史」

タミム・アンサーリー 訳・小沢千重子 紀伊國屋書店 2011年8月29日

読書日:2012年03月14日 

いや、まじでイスラム教、ヤバイと思った。

1400年前に誕生した当時のイスラム教は、完全に平等、公平な共同体を目指した。だいたい狩猟採集時代の昔から平等、公平は人間の魂に刻み込まれていた精神だ。だからこそ19世紀のエリートが共産主義に共鳴したようにイスラム教も多くの人間の魂に訴えるものをもっていたわけだ。イスラムがたった100年足らずの間にミドルワールドを制覇してしまった破壊力にはすさまじいものがある。

本書の中でもいっていることだがイスラム教は宗教ではあるが、どちらかというと社会運動であり、イメージでいうと、現代の非営利団体に軍隊が付属しているような感じだ。

非常に残念なのは、イスラム教は小規模の集団では機能するものの、当然ながら国家単位の大きな人口で機能するためのソリューションにはなっていないことだ。結局のところ、政治的には普通の王朝になってしまった。しかし、それでもイスラムは当時の世界の先端を歩んでいた。

やがて西洋が近代に躍進すると、イスラムはなにか古いもののように見えてしまうようになった。(それはイスラムに限らず、中国を中心とする東洋も同じことで、要するに西洋以外のすべての地域がほし古くなってしまったわけだが)

しかし、近代以前ではイスラムが世界の大きな部分を占めていたことを忘れるわけにはいかない。イスラムの発想は確かに人間の核心に触れるものがある。

いまのところ、イスラムの世界は西洋とイスラムの間で生じた葛藤をまだ克服できていないようだ。あと何百年かすると、イスラムと近代が融合された何かが世界史に出てくるのだろうか。

ところで近代に至るまで、イスラムの世界史に西洋はほとんど出てこない。イスラムから見て西洋は存在感がなかったのだ。が、西洋以上に中国がまったく存在感がないことに驚かされる。つまり当時から中国はなにか外に広がろうとする力に欠けているように見えるのだ。

中国は中華の外に出て世界に進出することに不得手だったと言える。そうならば、おそらく、今後も中国が領土的に世界史に影響を与えるようなことは少ないのではないかと推測される。

 ★★★★★

 


イスラームから見た「世界史」

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る

松原隆彦 山と渓谷社 2019.3.1
読書日:2020.5.10

宇宙物理学者の松原隆彦が物理学の世界を分かりやすく説明する本。だから世界の仕組みと言っても、当然ながら社会や経済ののことではありません。哲学や倫理学とは多少かかわってくるかもしれない。なぜなら、量子力学やAIを通して、人間の意識が絡んでくるからだ。

文系を対象にしているのであるから、もともと物理学についてそれなりに知っている人にとっては、目新しいことは少ない。とはいえ、松原氏の視野は広いから、そうだったっけ?ということもあった。

例えば、地球の自転が安定しているのは、大きな月があるからだと言われている。そういわれているのは知ってるけど、あらためてそう言われると、それはなんでだっけ、と考えると少し考え込んでしまった

でも、この本で一番大切なことは、物理学はどんなふうに進んでいくかということを示していることだろう。わしはこの本を高校のときに読めればよかったと思った。なぜなら、高校のときに、ずっと物理学で悩んでいたことがあったのだ。

具体的に言うと、ニュートンの第2法則であるF=ma(力Fは加速度aと質量mの積)という式がある。この式が教科書に何の説明もなく出てきて、わしは戸惑った。で、この式はどこから出てきたんですか?というのがわしの質問で、教科書にはなにも説明がなかったのである。しばらく考えているうちに先生に質問の機会を逸してしまい、そのままずっと疑問のままになってしまった。

理解したのは、ようやく高校が終わるころで、ある日これは実験式だということにやっと気が付いたのである。つまり観察により得られた式で、どうしてそうなっているかは考えていない式なのである。物理学の公式はすべて「仮説」だということにやっと気が付いたのだ。仮説なので、もっといい説明がつけばそれに置き換えられるのである。そういう学問なのだ。

この本によれば、ニュートン万有引力があると説明したけれど、なぜ万有引力が発生するかは説明しないと言ったという。その説明はアインシュタインに引き継がれたのである。

物理とはこういうふうに仮説が進化していく学問であるということを、物理の最初に教えてくれれば、高校が終わるまで悩むこともなかったのに、とわしはこの本を読んで思ったのである。もっとも、すべての科学はそうだと言える。それが科学の進め方なのである。

こういうことを思い出しながら読んだけど、でも、なぜかわしが最も知りたいと思った「量子もつれ」には説明がひとつもなかった。量子力学の不思議について書きすぎて、紙幅が尽きてしまったのだろうか。

しかし代わりと言ってはなんだが、多世界や意識については説明があった。

まあ、この本は文系向けと銘打ってるけど、たぶん文系は手に取らず、読むのは理系ばかりなのではという気がする。

★★★☆☆ 


文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る

 

上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白

小田嶋隆 ミシマ社 2018年2月26日
読書日:2018年07月02日

依存症全般に興味がある。アルコール依存症は肉体的な面も含めて依存症になるが、ギャンブル系なんかは完全に脳内構造だけで完結していて、そっちの方が興味深い。と思っていたが、オダジマによると、アルコール依存症も進んでからはともかく、最初のうちは肉体的なものではなく精神的なものだという。特になにか劇的なことがあって飲み始めるわけではなく、なんとなく飲んでいるうちに習慣化してしまい、脳内に回路ができると抜け出せなくなるらしい。小説などに描かれるような、芸術的な側面は何もなしである。

ギャンブル依存症についても、かかった人の本を読むと、なぜ始まったのか、だれも説明できない。そうなったとしか言えないのである。オダジマはスマホ依存症も同じ構造だと言っている。

こうなってくると、依存症というのは、良い依存症と悪い依存症があるだけで、人間、もしかしたら生物にとって本質的なものではないかという気がしてくる。

仕事中毒という言葉がある。仕事で自分の全ての時間を費やすことをいう。芸術家には一日中、小説を書いたり、絵を描いたりしてほとんどの時間を過ごすひとがいる。これは依存症と同じ脳回路ができているのではないか? 芸術家だけでなく、天職と言えるものを持つ人は、自分の時間を何に費やすかということがはっきりしている点で、すべて依存症と同じではないか、と思える。

わしは、自分にも依存症を強く感じる。もう一生やめられないであろう、たくさんのことがある。非常に困ったことでもあるし、非常に救いでもあると思う。自分の人生の時間を、そのことに熔かすのである。これが幸せ? さあ、ただそうなっただけだから。

オダジマは日経ビジネスオンラインのコラム等で活躍しており、アルコール依存症だったことは知っていたが、今回その頃のことを本人が書き記してくれて、ありがたい限り。

★★★★☆

 


上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白

 

韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択

高橋洋一 芙蓉社新書 2019.9.1
読書日:2020.5.6

日韓関係を扱ったものだが、何しろ8か月前の出版なので、少し国際情勢が古くなっている。いまではコロナ前の話を聞くと、遠い昔の話のように聞こえる。

しかし、高橋洋一は単なる嫌韓のおじさんではないので、最近の国際情勢の部分をのぞけば、それなりに学べるところがある。

例えば、韓国に対する誤った見解、俗論を一掃する章がある。韓国経済崩壊論を単純に唱える人たちがいるが、大部分の主張は間違っており、そんなに簡単に崩壊しないことは明らかなのだ。韓国経済が厳しい立場に立たされる局面はあるだろうが、ここまで豊かになった国はなかなか崩壊とはいかない。

韓国経済が崩壊することがあるとすれば、とてつもなく間違った政治判断が行われた場合である。具体的には、(1)主な企業が国有化された場合(特にサムスンが国有化された場合)、(2)米韓同盟が解消された場合、(3)北朝鮮統一国家を作った場合、などの大きな(間違った)判断が行われたときだ。

韓国のベネズエラ化ということが言われている。しかしベネズエラのように石油のモノカルチャー経済の場合は分かるが、韓国くらいまで工業化を果たし、先進国化し、豊かになった自由主義国家が崩壊した例はこれまでないのではないか。

参考になるとすれば、20世紀の後半に何度も経済崩壊を起こしたアルゼンチンだろうか。もともと20世紀前半には経済大国だったアルゼンチンは、独裁政治、強すぎる労働運動などにより、何度もデフォルトを起こし、いまではかつての大国の面影はない。ここで重要なのは、経済的崩壊は政治が原因で起こりがちということだ。結局はその国に対する信用の喪失が経済崩壊を起こすのだ。

これまでも世界で左翼政権はたくさんの国を滅ぼしてきた。韓国の左翼政権も危険だ。だが、韓国はまだ立っている。

★★★☆☆

 


韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択 (扶桑社BOOKS新書)

LIFE3.0 人工知能時代に人間であるということ

マックス・テグマーク 訳・谷口淳 紀伊国屋書店 2020.1.6
読書日:2020.5.3

宇宙物理学者のマックス・テグマークが、AIの発達がどの方向に進むかについて、人類が今のうちに考察を行って干渉すべきだと警鐘する本。

テグマークが人間の意識に興味があることは前作「数学的な宇宙」に書いてあったので知っていた。その後、テグマークはAIの分野に進出し、あっという間に中心人物のひとりになってしまった。テグマークの行動力には感心するばかりである。

とはいっても、テグマークはAI研究の専門家ではない。では彼は何をしているのかというと、AI研究者を集めて、AIの今後の開発の道筋をつけようとしているのだ。核開発や生物科学開発においても、あまりに人類に対する影響が大きいために、研究者が集まり相談することがある。AIはそういった技術と同じくらい重要な課題だと訴えて、世界のAI研究者を結集させることに成功したのである。

AIが今後どんなふうに発展していくのかについては、そうなってみないとわからないことが多い。テグマーク自身もいろいろなシナリオの可能性を検討している。いくつかのシナリオについては、ストーリー仕立てになっており、読み物としても良くできている。まるでトワイライトゾーンのようなSFドラマのように楽しむことができる。

しかし、テグマークは宇宙物理学者だけあって、その思考の範囲はまさしく宇宙レベルである。したがって、個々の細かいシナリオではなく、テグマークの宇宙観あるいは生命感がこの本の最大の魅力だ。

まず、テグマークは、生命というのは物質により情報処理しているシステムであると考える。その情報処理の発展において、テグマークは3段階あるという。

最初の段階は、進化にのみにより発展するもので、世代交代を行ううちにDNAレベルで発展する。これはハードウェアによる発展で個々の生物はその内容を書き換えることができない。(LIFE1.0)

2番目は、自分で文化というソフトウェア作ることができ、ソフトウェアを書き換えることで情報処理技術を発展することができる。人間がこの段階である。この結果、DNAレベルでの発展をはるかに越えるスピードで情報処理能力を増やすことができるようになった。ついには人間は自分で考えることができるAIという機械を作れるようにまでになった。(LIFE2.0)

3番目は、機械が自分自身で自分のハードもソフトも改良することができるようになる段階で、これが次に来るであろう、LIFE3.0である。つまりは、AIのみで成立する生命である。このときの発展のスピードは人間が行うよりもはるかに早く、したがって一度この発展が始まると、人間のコントロールが利かない可能性がある。そうならないように、LIFE3.0誕生前にあらかじめ手を打っておかねばならないという主張になる。(人類が悲惨な目にあってもかまわない、というなら別だが)。

というわけだが、結局はAIにどのような目標を与えるかが重要ということになりそうだ。よくジョークで言われることだが、AIにクリップを作るという目標を与えると、AIは地球のすべての資源を使ってクリップを作り続けるというものがある。(もちろんこの結果、人類は滅びる)。しかし真のAIは自分で目標を設定、あるいは変更ができるだろうから、たぶんこういうことは起こらない、という。

面白いのは、どのような目標を与えても、AIの振る舞いの予測はある程度できるというオモアンドロ(変な名前)やボストロムの主張だ。つまり、どんな目標であっても、ある目標を達成しようと思ったら、そのAIはその目標を達成するために「自己保存」をしようとするし、「資源を獲得」しようとするし、「情報を取得」しようとするし、環境の変化に対応するために「好奇心を持つ」ようになるというのだ。

さらに宇宙物理学者らしく、今後10億年の未来について展望している。テグマークによれば、直近のことを予想するよりも、遠い未来の方が予想は簡単なのだそうだ。単純に言えば、死なない機械の身体をもつAIは、可能な限り資源を開拓して宇宙中(到達できる範囲ではあるが)に広がるだろうと予想している。

面白いのは、情報処理する装置のサイズと処理速度の関係だ。つまり、装置が大きくなるほど複雑で深い思考が得られるが、大きくなるほどその速度は落ちるという指摘だ。例えば昆虫の脳と人間の脳では昆虫の脳の方が高速で処理できるが、人間の方がはるかに複雑で深い思考ができる。もしも宇宙に何億光年と広がったAIができたとして、それは数億年に1回思考をするといったゆっくりとしたものになるのかもしれない。だが、その思考はとてつもなく深いものかもしれない、という。

最後にテグマークは意識について述べている。そこで重要になのは、AIが意識を持ったかどうかを判断する方法だ。テグマークは意識の定義として、「意識=主観的経験」という大変広い定義をしている。

意識があるかどうかを測定する方法として、「統合情報理論(IIT)」という理論を紹介している。これは意識を定量的に評価する理論だ。情報の2つの部分が時間とともにどのくらい統合されるかということで数値化するのだそうだ。実際、閉じ込め状態になっている人間の脳をfMRIで測定し意識があることを確認するのに使われている。つまり、AIに意識が生まれたら、そのレベルを確認できるということになりそうだ。

その他、AI関係者を集めた団体を興して、「アシロマAI原則」の発表にこぎつけた話などが載っている。

この本は、一般向けのAIの本としてはもっとも分かりやすくて、内容も深く、AI科学者の動向もわかる良書で、おすすめ。しかし、よくあることだが、副題は意味不明ですね。

(追悼)
この本にもよく出てくる、ダイソン球で有名な科学者、フリーマン・ダイソン氏が2020年2月28日に永眠されました。96歳という長命でした。ご冥福をお祈りいたします。

(追記 2020.5.12)

本に出てくる、ネットフリックスのドラマ、ブラックミラーの中のホワイトクリスマスという話を観た。AIに対する虐待が描かれていて、こんなことが許されるのかというくらいひどい話だった。ブラックミラーはわしにはゆるすぎて、何話か観てやめたんだけど、これはとてもよくできていて、とてもひどい話だった。一見の価値はあるけど、気持ちが落ちてるときにはお勧めできませんね。

★★★★☆

 


LIFE3.0――人工知能時代に人間であるということ

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ