本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて

フェリックス デニス 文響社 2017年5月31日
読書日:2017年09月25日

著者のデニスさんのいう本物の大富豪のいうレベルは、資産は少なくとも数百億円であり、たぶん標準的には数千億円をさしているものと思われる。

このレベルの金持ちということになると、もう起業しかないわけで、もちろんデニスさんも起業を勧めているわけです。起業しても成功するとは限らないけど、失敗しても失うものが何もない状況なら、断然おすすめの方法ということになります。

で、起業したら所有することにこだわり、絶対に会社を売り払ってはいけないというのです。世の中には、頭が良くて仕事ができる人がたくさんいるというのです。しかしなぜかそういう人は人のために働くばかりで、自分のために働かない人がほとんどだというのです。もちろん優秀ですから高給をもらっていますが、彼らがどんなに稼いでも、せいぜい資産は10億円程度であり、会社を所有している自分には到底かなわないわけです。

デニスさんの不思議は、世の中にはお金はそんなにいらない、食べていける程度の収入があればそれでいいという人が世の中にたくさんいることで、というかほとんどがそういう人ばかりで、これが実に不思議なようです。とはいうものの、デニスさんはお金持ちになったら困ることもいろいろ書いているわけで、お金持ちになることへの覚悟も読者に説いています。

しかし普通の人にとっては、別に不思議でもなんでもないわけでして、普通の人は経営にまつわる面倒くさいことは背負いたくないわけです。デニスさんのお友達にうまくやっている夫婦がいるそうで、200万ポンドくらいの資産を築いてさっさと引退し、その利子だけで”つつましい”生活をして、世界中を旅して暮らしているそうです。

でも誰でもそうではないでしょうか。誰だって大富豪になりたいわけではなく、小金持ちになって、ちょっとだけ豊かな生活を一生遅れればそれで満足ではないでしょうか。でも、たぶんそのためにはやっぱり200万ポンド(数億円)が必要だと思いますよ。みんな憧れているのはその程度の小金持ちであって、デニスさんのいう大富豪ではないでしょうね。だって、そういうのって、どう考えても面倒くさいですよね。

起業したらどんな面倒くさいことに襲われるのか、私はそういう本を読むのが大好きなので、この本も楽しめました。でも大体、たどる経過はそんなに変わらない気がしますね。

「会社を興すだけならぜんぜん簡単だよ。わしも会社作ろうかな」とわしが言ったら、中学生の息子は、「いいね、ぼくを部長にしてよ」だって。部長でいいんだ(笑)。大富豪向きじゃないですね。

★★★★☆


本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ