大富豪の投資術

マーク・モーガン・フォード ダイレクト出版 2017
読書日:2019年6月9日

パームビーチグループという資産管理をアドバイスする会社が、「いまなら5000円相当の本が無料で当たる」(実際は配送料が取られるらしい)とネット上で盛んに宣伝している本。

あんまり表示されるので、読んでみたくなったが、無料でもらうとパームビーチグループからジャンクメールがたくさん来そうなので、アマゾンで新品を1800円で買った。

内容的にはとてもよいと思う。著者はマイケル・マスターソンというペンネームでも有名な人だそうで、資産数百億円の富豪らしい。しかもとても正直に本音を書いていると思う。

まず、株などの投資で大金持ちになることは諦めろと言い(とほほ)、もっとも確実なのはスモールビジネスを起こすことだという(やっぱり!)。しかも起業にあたっては、リスクをほとんど取らないことを重視し(失敗してもよいぐらいのリスクしかとらない)、スモールどころかマイクロビジネスを起こして、それをいくつも持てという。マークさんのお気に入りのビジネスは、不動産投資である。それから意外にも、製造業が良いらしい。

このスモールビジネスを起こすことが富豪への近道という話は、本当の富豪と言われる人の本からさんざん聞いた話である。こういうのを読むと、やはり起業しなくてはいけないのか、と思ってしまう。

この本のいいところは、それ以前のどうやって収入を増やすか、あるいは元金を作るかというところも述べてあり、親切だ。

勤め人なら、まず自分の価値をあげて、給与を上げろという。そして単に給与を上げるのではなく、事業を提案し、その事業から得られる収益から特定のパーセンテージを受け取れるように交渉しろという。そのためには、もちろん大企業ではだめで、小さくて伸びる分野の事業を行っている会社に、最初から選んで入らなくてはいけないという。(なので、すでにわしは論外)。

元金を作るために、小さな家に引っ越して家賃を減らし、さらに車も中古の実用的なものを買えという。できれば、勤め先に近いところに住めという。そして固定費を減らして、(例えば、携帯電話やビデオケーブルを止めるか安いプランに切り替えるとか)、貯金する。これなんかは、本田静六の「月給の4分の1は天引きする」というプランに近い。

資産ができたらできたで、どうやって守ればいいか、引退するだけの資産ができても能動的にお金を得る(働くこと)ことを止めてはいけないとか、さまざまなステージでのアドバイスが得られるようになっています。(もちろんパームビーチグループの助言に従うことが最も良いという結論にはなりますが。)

わしは読み終わったら、市の図書館に寄付して、他の人が無料で読めるようにしようと思う。そうすれば、パームビーチグループの宣伝に心が引かれた人はいつでも読めるからね。(少なくともわしの住んでいる地域のひとはだけど)。

なんかこれだけ言われると、スモールビジネスもやってみたくなる。なにかリスクが極限に限られたスモールビジネスのアイディアはないかしら? できればさほど労力のかからないもの。

★★★★☆

 


大富豪の投資術

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ