話芸の達人 ―西条凡児・浜村淳・上岡龍太郎―

戸田学 青土社 2018年8月23日  

読んだ日:2018/11/22

大阪の話芸については、関西に住んでいないとなかなかその存在感を実感できない。もちろん、わしも住んだこともないので理解できないわけだが、たとえば上岡龍太郎がいかに関西で人気があるか、ということなんかはなんとなく知ってはいたので、興味をもってこの本を手に取ってみた次第。 

でもこの1人話芸って、ものすごく独特。落語でもないし、スタンダップコメディに近いかもしれないけど、ともかく関西にしかない芸風なんじゃないだろうか。ちょっと不思議で独特なポジション。 

たぶん日常的にずっと聞いていないと、身体の中に入ってこないんじゃないかと思います。経験していないので、はあ、そうですか、としか言いようがないですね。 

ところで、上岡龍太郎が引退した後は、どなたがそのポジションについているんでしょうかねえ。 

お笑い出身MCのどなたかがその後継者ということになるんでしょうか。

★★★☆☆


話芸の達人 ―西条凡児・浜村淳・上岡龍太郎―

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ