ヘタレ投資家ヘタレイヤンの読書録

個人投資家目線の読書録

無敵の独学術

ひろゆき 宝島社 2021.7.16
読書日:2021.12.7

ひろゆきが独学の意味と極意を語る本。

独学が流行りだ。わしもたとえば「独学大全」なんかを読んだが、いまいちぴんとこなかった。この本で独学の悩みを解決できるのかとても疑問だ。

その点、ひろゆきの独学は実践的な気がして、おすすめかも知れない。身も蓋もないことも書いてあるし(笑)。

たとえば、バカは独学してはいけない、とか。バカは学校に行って学ぶのがいちばん早いんだそうです。そして先生を使い倒せと。そうやってとりあえず学歴を手に入れることを目指せと。

さらに人のやったものをそのままパクれと。うまくパクって効率をあげろと。

何か分からなかったらすぐにググれと。

やる気なんてものはないから、なにか仕掛けをつくれと。後回しもオーケーだと。

まあ、そんなことが書いてあります。

目次と中身がきちんと一致していますので、目次を1分で読むのと、実際に本を読むのとほとんど変わらないと思いますので、忙しい人は目次だけ見ればいいじゃないかと。

でも、独学で悩んでいる人って、いるんですかね。だって変じゃない? 英語を話せるようになりたいとか、経済のことを知りたいとか、そういう願いは分かるけど、独学ができるようになりたい、ってそんな願いがそもそも成立するんですかね。努力すること自体が目的みたいな。

そういう意味で、わしは独学にまったく悩んでいないので、この本の中身はすぐにわすれることでしょう。でもまあ、ひろゆき節はけっこう面白かったです。さいきん、ひろゆきは、また面白くなってきたね。

★★★☆☆

(2022.1.6追記)

わしが理解できないのは、こういうこと。何を学んでいいかわからないけど独学はしたいってどういうこと? 意味不明すぎる。

「独学したいけど何を学べばいいかわからない人に。一流の知識人たちによる “2つのアドバイス”」

studyhacker.net

 

 

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ