イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む

宮本 常一 平凡社2002
読書日:2007年07月25日

民俗学者宮本常一の「忘れられた日本人(岩波文庫)」を読んで、驚嘆した経験がある。日本人を見る確かな目がそこにはあった。

そんな宮本常一が、明治初期に東北、北海道を旅したイザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読み、そこに書かれた何気ない文章から日本人の生活、考え方、慣習などを読み解いていくわけで、これが面白くないはずがない。

思いつくままあげていくと、
・当時は何か仕事をするときにすぐに裸になる(着物を汗で汚さないため、女性も脱ぐ)
・治安が非常によく女性一人でも旅ができる。
・決められた金額以上の余分なチップなどを受け取らなく仕事に責任感が強い(ただし女中などはピンはねする。女中は食事はもらうが現金収入が他になかったため。欧米のウェイターのようなシステムだった)
・物見高くて、外国人が来ると村中、町中から仕事を放り出して宿屋に集まってくる。(逆にアイヌはまったく無関心)
・子供を大切にする。また子供は裸が多い。
・子供は親に了解をもらわないと何も受け取ろうとしない。
・蚤が蔓延している。
・三味線が異常に普及している。(手軽なライブエンターテイメントだった)。
・平野部と山間部の貧富の差が非常に大きい。
・当時から役人や会社員のホワイトカラーは仕事しない(江戸時代の武士階級の仕事の仕方から来ている)
こじきがいない。(実際にはいるけど、何か簡単なものを売ってお金をもらっていたので、外国人にはすべての人に仕事があるように見えた)

挙げればきりがないけど、なるほど、そうか、というひざポン(死語)満載。超お勧め。

★★★★★

 


イザベラ・バードの日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ