使える脳の鍛え方 成功する学習の科学

ピーター・ブラウン, ヘンリー・ローディガー, マーク・マクダニエル エヌティティ出版 2016年4月14日
読書日:2019年6月21日

どうすれば効率的な学習ができるかということについて述べた本。

具体的には、
(1)想起練習を組み込む。繰り返し読むよりも、軽いテストをする。
(2)間隔を開けて再度確認する。
(3)同じ練習を繰り返さず、少し異なった角度の練習を組み合わせる。
(4)単純に覚えるのではなく、概念を理解するようにすれば、応用が利く。
などなど。
あと、記憶の効果を高める「記憶の宮殿」の方法を教えている。(BBCドラマのシャーロックにも出ていたが、記憶の宮殿ってほとんど普通名詞だったんだね)。

しかし、これって普通のことなんじゃないの? 子供の頃からこういうふうに勉強すればいいと教えられていた気がする。

科学的な文献に基づいて書かれてるんだけど、その元の文献は1970年代のもの。40年以上前の研究だ。これじゃあ、すでに知っていて当たり前。

だめじゃん。

投資に興味がある人は、この本の中に、ブルース・ヘンドリーという男が子供の頃からお金の稼ぎ方を学んで、一人前の投資家になるまでの話があって(第6章「学び方」を越える、p139)、そこのところは少しは参考になるので、そこだけ読めばいいんじゃない?

★★★☆☆

 


使える脳の鍛え方

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ