kindle fire タブレットにBluetoothキーボードを付けて、格安入力システムにしてみた

妻がある日、怒って興奮し、使っていたノートパソコンを床に投げつけました。あまりにびっくりしたので、いまでもその光景が目に焼き付いています。

すぐにパソコンの動作を確認しました。無事にウィンドウズが立ち上がったので、ほっとしたのもつかの間、エクスプローラーを立ち上げると、なぜかファイルが勝手に選択されて、しかもそれがつぎつぎ削除されていくという不可解な現象が起こりました。

そのパソコンにはデータがたくさん入っていたのに、なすすべもなく、データが消えていくのを見ているしかありませんでした。大事なファイルはバックアップしてあったのが幸いでした。

妻の愚行をいろいろ見てきましたが、これは最大級。怒りに任せて、ノートパソコンをたたきつけるなんて人がいるとは。いまだに信じられません。

パソコンが壊れたので、新しいパソコンを物色しました。一週間ぐらい見てたでしょうか。

すると妻が信じられないことを言い放ちました。
「不便だから早く買ってよ」
目が点になりました。自分で壊したんだから、自分で買ってほしいです。専業主婦ならいざ知らず、共働きなんだから。

さて、いままでパソコンを買うときにはそれなりに性能の高いものを買っていました。いざというときに能力が足りないと困るので、保険として、性能の高めのものを買っていたのです。

でも、いまはほとんどスマホタブレットで済んでしまう時代。最近はめっきりパソコンの使用頻度が減っています。パソコンをどうしても使わなくてはいけないことって、マイクロソフトオフィスのファイルを編集するときくらいしかないんですよね。

そういうことを勘案して、安いCeleronのパソコンにしましたが、まあ、今のところ別に問題はないですよね、当然ながら。

安いパソコンで問題なのは、でかくて重いので、持ち歩く気にはならないこと。当然ですね。

ところで、最近、カフェで過ごすことが多いのです。が、そうなるとカフェで使うノートパソコンが欲しいなあ、と。と言っても、テキストを入力するくらいしかしないので、今までは普通にスマホで打ち込んでいました。

でも長い文章を書くのは疲れるので、やっぱりノートパソコンが欲しいなあと。そうなると持ち運べる薄くて軽いのが必要になります。ネットでパソコンを見ながら悶々としていました。

と、ふと気が付きました。普段、新聞や雑誌、漫画を読むために、10インチのタブレットを持ち歩いているんですね。アマゾンのkindleをセールのときに1万円で買ったものです。


Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB

じゃあ、これに入力すればいいじゃない? 安いキーボード買って。

ネットで調べると、Bluetoothキーボードが1000円程度から売ってました。kindleに合わせて黒色を選択し、ポチしました。買ったのはこちらの商品ですが、買った値段は980円(税、送料込み)でした。

 


オーディオファン ワイヤレスキーボード Bluetooth 薄型 ブラック iOS/Android/Mac/Windows


別になんの問題もなくkindleに繋がって、快適に入力できます。普段はこんな感じで使っています。モニタを縦置きにできる点が、テキスト入力時には、ノートパソコンよりいいですね。

           f:id:hetareyan:20190303020821j:plain

 

で、この快適な環境、

kindle fire HDタブレット 10インチ 10,344万円(セール時に購入)
キーボード 980円
タブレットスタンド 300円ほど

たった1万2千円弱で完了。
kindleを8インチにしたら、1万円だって切るでしょう。
あと加えるとしたら、マウスぐらい?

いや本当に電子デバイスの激安ぶりには驚くばかりです。
(このまま価格・性能比が向上していくと、本当にシンギュラリティは近いかも。)

しかもそんなにかさばらないし、重くもない。バッグに軽く突っ込めます。これだけ安いと、雑に扱っても気になりません。

最近カフェにはこれらを持って行っていますが、やっぱりキーボードがあるとすごく入力が楽。

普段は、GoogleドライブでGoogleドキュメントを使って入力しています。ネットに繋がってさえいれば、端末を選ばずに入力できるところがいいです。

家ではパソコンから、電車の中からはスマホから、そしてカフェからは、もちろんタブレットBluetoothキーボードで入力しています。

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ