言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

橘 玲 新潮社 2016年4月15日
読書日:2016年11月23日

進化論や遺伝学に関する知見をもとに不愉快と皆が思うような話を載せている。しかし読み始めると特に衝撃的な話はなくて困りました。美貌や知能で格差が生まれるなんて当たり前すぎる。しかし後半は面白くて、特に最後のハリスの話は面白かったです。親の教育は何の意味もないとはこれはなんとも衝撃的(笑)。

続けて、「読まなくてもいい本」の読書案内、を読んでみようと思います。ハリスの本も読もうかな。

★★★☆☆

 


言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ