朝鮮半島201Z年

鈴置 高史 日本経済新聞出版社 2010年11月30日
読書日:2012年11月26日

韓国が中国の属国化するという内容。韓国は中国の支配下に入るのにあまり抵抗感はないという。なにしろ中国の半島支配の歴史は長ーいので。2年前にかかれたのに、現実はこの小説の筋書きで進んでいるように見えてしまう。

この小説に出てくる韓国メディアはそうとうお馬鹿な言論を展開していて、本当にこれくらいレベルが低いのかどうかが知りたいなあ。まあ、韓国のメディアの日本語サイトを見る限り、こんなものかもしれませんが。きっと日本のメディアも外国から見るとずいぶんけったいに見えるのでしょうなあ。質も高くないし。

ともあれ韓国には対中国でもっとがんばってもらいたいものです。無理か?

(2019年1月追記)

これを読んだ2012年ごろは、こんなのんきな感想を書いていましたが、2019年のいまは、まったく笑えません。先月(2018年12月)起きたレーダー照射事件を見る限り、韓国は米韓同盟を離れて、北と融合する気満々に見えます。そして、中国の支配下になるのでしょう。鈴置氏の最新刊、「米韓同盟消滅」を読まなければと強く思いました。(まだ読んでません)

 


朝鮮半島201Z年


米韓同盟消滅(新潮新書)

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ