橘玲の中国私論

橘 玲 ダイヤモンド社 2015年3月5日
読書日:2017年08月20日

前にも書いたが、橘玲は、ごく少ない自分の経験から仮説を作り、膨大な引用文献でそれを理論づける作風。

これも、中国をまず旅行して、その印象から、中国のすべても問題は人が多すぎること、という仮説を構成。中国の特徴をそこに結び付けて説明する。例えば人が多すぎるため国家の統制が地方に及ばないので、中国人は親族およびグワンシ(関係)という私的なネットワークに頼るというふうに結びつける。

この論理構成を多数の引用文献で補強するので、世間に中国に関してどんな文献があり、何が分かっているのかをこの本を読むだけでおおよそ分かってしまう。この辺がすごい。

橘玲はいったいどのようにこれらの本を収集しているのだろうか。おそらく関係する資料を数10冊、ことによると数百冊単位で集めて集中的に読み、短期間でこの分野のおおよその輪郭を得てしまうということに慣れているのだろう。そして、重要と思った文献のあちこちをつなぎ合わせているのだろう。ある意味古典的な手法であるが、それで何冊もの本をかけてしまうのだから、有意義な方法なんだろう。

この辺の手法について、自分の経験を語っていただければ、ぜひその本も買いたいと思います。(それとも、もうあるのかしら?)

★★★★☆


橘玲の中国私論---世界投資見聞録


言ってはいけない中国の真実--橘玲の中国私論 改訂版--

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ