シネマの神は細部に宿る

押井 守 東京ニュース通信社 2018年8月8日
読書日:2018年10月15日

題名の通り。映画の出来ではなく、押井守がフェティシズム的に好きな場面が含まれている、映画について語ったもの。

Uボート以外のほとんどの映画は観ていません。いや観てるけど、そんな部分なんて覚えていないって(^^;。

あまりに深すぎる細部であり、押井守が死ぬときには、頭の中にこういう部分しか残らないのではないか、という気がしました。

面白いので、あっという間に読めます。

★★★★☆


シネマの神は細部に宿る

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ