ヘタレ投資家ヘタレイヤンの読書録

個人投資家目線の読書録

起業

上流思考 「問題が起こる前」に解決する新しい問題解決の思考法

ダン・ヒース 訳・櫻井祐子 ダイヤモンド社 2021.12.14読書日:2022.5.1 問題が起こってから対応する下流思考ではなく、問題の根本から問題が起こらないように予防する上流思考が社会問題を解決するときに求められると主張する本。 トヨタ生産方式のカイゼン…

ライフピボット 縦横無尽に未来を描く人生100年の転身術

黒田悠介 インプレス 2021.2.21読書日:2022.4.16 現在の自分のキャリアから適応可能な隣接したキャリアを考えて、隣接のさらに隣接したキャリアまで想定しておき、現在のキャリアでそのための蓄積をしておくと、その隣接したキャリアに次々に転職が可能だと…

Invent & Wander ジェフ・ベゾス collected Writings

ジェフ・ベゾス 訳・関美和 ダイヤモンド社 2021.12.7読書日:2022.3.29 アマゾンのジェフ・ベゾスの過去の株主へのレター、寄稿文を集めたもの。 この本の3分の2くらいは、株主への過去20年ぐらいのレターとなっていて、アマゾンのそのときどきの状況や…

スノーボードを生んだ男 ジェイク・バートンの一生

福原顕志 文藝春秋 2021.11.20読書日:2021.3.27 スノーボードというスポーツがなかった頃、スノーボードというものを構想し、そしてスポーツとしても事業としても成功を収めたジェイク・バートン(1954−2019)の評伝。 こういうのってたいていは翻…

起業は意志が10割

守屋実 講談社 2021.5.6読書日:2022.2.5 起業しては売却する起業のプロがそのノウハウを伝授する本。 守屋さんはこれまで38(社内起業17+独立起業21)の起業をおこない、14の週末起業を行ったという。とてつもない数の起業を行ってきたわけだ。い…

未来に先回りする思考法 テクノロジーがすべてを塗りかえる

佐藤航陽(かつあき)ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015.8.30読書日:2021.11.21 メタップスの創業者の佐藤航陽が、未来は一定のパターンで変化すると主張し、意思決定するにはこのパターンにあっているかどうかで思考し、その意思決定を実行に移すとき…

猫が30歳まで生きる日 治せなかった病気に打ち克つタンパク質「AIM」の発見

宮崎徹 時事通信社 2021.8.12読書日:2021.11.18 老廃物を除去する特殊なタンパク質AIMを発見した著者が、これを使って腎臓病などの従来、治療不可能だった病気に挑戦していることを報告した本。 猫のほとんどは腎臓病で死ぬんだそうだ。知らなかった。普…

1%の努力

ひろゆき(西村博之) ダイヤモンド社 2020.3.4読書日:2021.10.25 人間、99%の努力をして成功するよりも、1%の努力で面白くだらだらと暮らせるほうがいいと思う人のために、コツを伝授する本。 ひろゆきの人気のこの本、投資をやっている人が読んだら…

いちばんやさしいビジネスモデルの教本 人気講師が教える利益を生み出す仕組みの作り方

山口高弘 (株)インプレス 2019.7.21読書日:2021.8.16 自らも起業経験があり、独立起業家・企業内起業家を支援する著者が、起業の基本を、特にビジネスモデルキャンパスというツールを使って解説した本。 ビジネスモデルキャンパスというツールは知らなか…

しょぼい起業で生きていく 持続発展編

えらいてんちょう イースト・プレス 2020.12.21読書日:2021.8.5 生き残るだけならしょぼい起業でもなんとかなるが、店を続け、さらにゆとりを持つには人を使い、さらには普通の起業家に発展していかないといけないと指南する本。 「しょぼい起業で生きてい…

世紀の大博打 仮想通貨に賭けた怪人たち

ベン・メズリック 訳・上野元美 文藝春秋 2020.7.30読書日:2021.7.18 フェイスブックを扱った映画ソーシャルネットワークですっかり悪役にされた双子のウィンクルボス兄弟が、再起を賭けてビットコインで勝負で出る実話。 映画のソーシャルネットワークは見…

反省記 ビル・ゲイツとともに成功を掴んだ僕が、ビジネスの“地獄”で学んだこと

西和彦 ダイヤモンド社 2020.9.8読書日:2021.2.9 マイクロソフトの創業時に活躍し、アスキーを創業した超有名人西和彦の自伝。 反省記の題名はもちろん、前半生の驚異的な活躍に比べて、後半生は没落と言っていいほどの状況に陥ったから。だけど、まあ、反…

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

本田直之、四角大輔 株式会社ライツ社 2017.4.17読書日:2020.12.1 世界中を旅しながら仕事をし、好きなところに住み、自由に生きることを勧める本。 本田直之はハワイで生活し、四角大輔はニュージーランドで生活しているという。東京をビジネスの拠点にし…

クビでも年収1億円 人生を好転させる11のリスト

小玉歩 角川学芸出版 2012.9.25読書日:2020.10.12 サラリーマンはまったく理不尽な世界であり、自分で稼いだ方がはるかにもうかり、時間も自由になると主張する本。 この本は8年前のものだが、いま読んでも面白い。 どうもネットビジネスで儲けたら、その…

勝率2割の仕事論 ヒットは「臆病」から生まれる

岡康道 光文社 2016.6.20読書日:2020.8.8 非常に悲しい知らせだ。この本の著者、岡康道が亡くなったというのだ。 わしがこの本を買ったのは、アマゾンがキンドルで半額セールをしていたからだ。(わしは基本的に電子図書しか買わない)。買ったその日、7月…

異端のすすめ 強みを武器にする生き方

橋下徹 SBクリエイティブ 2020.2.10読書日:2020.8.1 大阪維新の会をはじめ、数々の改革を成し遂げた異端のリーダー、橋下徹が異端の生き方を勧める本。 この本にはいろんなことが書かれてあるけど、特徴的なことは第4章の「情報マニアになってはいけない…

起業には基本形があるらしい

最近、「しょぼい喫茶店」が閉店したことを知りました。閉店したのは今年の2月のことだけど、昨年の11月末には店を休業して実質的に閉店状態になったそうなので、新型コロナの影響というわけではありません。 しょぼい喫茶店を知ったのは、えらいてんちょ…

チョンキンマンションのボスは知っている :アングラ経済の人類学

小林さやか 春秋社 2019.7.30読書日:2019.12.11 香港の安宿のボスの話ということで、てっきり中国人の話なのかと思ってたら、アフリカのタンザニア人の話なのだった。いま中国には大勢のアフリカ人が一旗上げるために来ているのだそうだ。その中でずっと香…

人生の勝算

前田裕二 幻冬舎 2019.5読書日:2019.11.8 SHOWROOMというライブアプリの会社を立ち上げた若き経営者が、自分の壮絶な人生を振り返りつつ、自分の思いを語る本。 前田裕二さんの恋人は石原さとみなんだそうだ。あら、そうなの?(笑)。彼女はいい役者さんだ…

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

田中修治 幻冬舎 2018年8月読書日:2019年9月19日 この本はベストセラーなんだそうだ。オンデーズの話はテレビ東京のカンブリア宮殿にも出ていたので、読んでみることにした。 借金が14億円あり、事実上の倒産状態のオンデーズを田中さんが買ってから再生し…

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ